ツーリング報告5

ホーム

ツーリング報告 5

九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島)ツーリング サファリ4ドア(2016.11月)

(16.11.13)●本日は日曜日。仕事の途中よりフェリーに乗って九州に出発します。車はサファリ4ドア。7月からの久しぶりの出撃です。そう言えば、前回の九州、前々回の九州もサファリ4ドアでした。順番周りが丁度この車。

出発前のメーター確認。このときガソリン満タンです。

今日は、泉大津港よりフェリーに乗船。

ここに駐車は、北九州に到着6時ですが、7時30分に下船を申請するすると停められる場所。

このような車も乗船待ち。鈴鹿で走行会でもあったのでしょうか?

今日はわずか走行10キロのみです。

駐車場所も一番奥のポジション。

午前6時に到着しても、世間は真っ暗なので、前回は港で待機していました。

午後5時30分出航。新しい船なので、船内も綺麗です。

午後6時40分にはショーもあります。30分だけです。

(16.11.14)●朝6時に新門司港に到着。しかし、外は真っ暗なので、ゆっくり下船制度を利用して午前7時30分に下船します。●そうすれば、世間も明るく、鳥目の私にとっては都合がいいわけです。●今日は九州の北側を攻めます。

そろそろ下船。港の周りも明るくなっています。

ゆっくり下船をしていたのは車4台と、団体のお客さんでした。

朝の渋滞を経験していますので、九州道を利用。到着から雨が降っています。

小倉東JCTより北九州道方面へ。慣れない道なので、スピードも控えめに。

北浜出口より一般道です。九州のETCレーンの色は、他とは違いピンク色に近いので、ちょっと戸惑います。

国道495号線を西方面に走行。対向は通勤渋滞。以前はここまで来るのに、かなりの時間がかかっていました。

以前通った県道300号をちょっとだけ利用。

道の駅「むなかた」で最初の休憩。雨は降ったり、小雨だったり。

引き続き国道495号線を福岡市方面に走行。

市街地に入ってきました。雨は、かなり強く降っています。

香推東より福岡高速に入ります。車線体系が、慣れないので時々戸惑う構造になっていてびっくりします。そして、車間を開けない車両が多くあったのがびっくりしました。

多分福岡港くらいでしょうか?雨が強いので、引き続きスピードは控えめ。

ヤフオクドーム横を通過。ちょっと小ぶり。

福岡前原道路は、福岡高速の制限60キロより100キロに変わります。路肩も狭いので、かなりのブッ飛ばしになります。

糸島市に入り、県道54号で志摩方面へ。

到着は午前11時。ここで焼牡蠣を食べます。

国道202号に戻り、西へ西へ。

唐津市に到着して、踏切待ち。

虹の松原の道路を通っています。なかなかの雰囲気の道路。

唐津城前の駐車場で休憩。お城は相変わらず工事中。

天気も少し良くなり、写真撮影。バックの木製の橋が、なかなかグッドです。

唐津市内は古い建物もあります。

国道204号を使い、名護屋城方面に走ります。

呼子にある遊覧船に乗りに来ました。

船のそこより、海が見えるのです。

鯛や小魚が一杯。約40分の遊覧です。

クジラに似た島。

呼子大橋も海上より見学。

造船所では船の修理。

そこよりはひたすら島原方面に走ります。正直ナビの指示通り。使った道が定かではありません。

長崎道だと思います。長崎方面に走行。

諫早で降りて、国道207号方面へ。

いわゆる、ギロチン道路に入ります。

途中のパーキングで休憩。写真より、かなり暗くなっています。

島原方面にひたはしり。ほぼ真っ暗になり、目をこすりながらの走行です。

ホテルに到着。メーター上は355キロの走行です。

真っ暗です。よく走りました。

(16.11.15)●今日は一応天気は回復したものの、朝はまだ路面が濡れていました。●予定では、走行距離は伸びないですが、フェリーを使い熊本へ。●阿蘇の北側を回り、南の方面のホテルに向かいます。●通行止めが多い地域なので、少し時間がかかりそう。

雨の粒が残るハコスカ。右横には団体のバスがいましたが、すでに出発済み。

今日は「南風楼」というホテル。じゃらんのポイントがたまったので豪華です。

オイルを点検。少し少なめでしたが、そのまま出発。

クーラーは必要のない季節です。

せっかく島原なので、普賢岳方面へ走ります。

国道251号を南に。天気は回復。

県道57号で頂上付近まできました。

ロープウエイ630円で登ります。わずか3分です。

下りは、ちょっと節約で徒歩で下山。今日は霧で上は何も見えませんでした。簡単に3分で登ったところを30分もかかってしまいます。

後ろに山があるはず。徒歩で足がパンパンです。

国道389号線で下山。

フェリーまでわずかな時間がありましたので、島原城にきました。入場は市内で写真撮影のみ。

天草四郎でしょうか?

すぐにフェリーふ頭にきました。二つあるほうの九商フェリーを使いました。

午後1時40分島原港を出発。約1時間の船旅です。

船上より島原城を望遠で撮影。

約30分後海上で熊本フェリーの高速船に抜かされました。10分後に出港して、10分早く着きます。

これはフェリー内。余裕のスペースです。

熊本港に到着、橋を渡り熊本市内方面に。

国道3号線で熊本市街方面に走ります。

熊本城の脇を走り、ちょっとでも様子を見ます。石垣がところどころ崩れていました。写真は失敗。

ちょっと熊本城よりは裏道をうろうろしてから、国道57号で阿蘇方面に。

しかし、国道57号線は途中で通行止めであり、う回路を走ることになります。佐賀の松本さんよりメールもいただき、混雑状況をしっていましたが、あえて、状況を見に行きます。

道の駅「おおつ」で休憩。これより阿蘇のう回路です。

直進は、国道57号でm橋の崩れた付近の通行止めがあります。左の県道339号に進路をむけます。

交通量も多く、ところどころ対向線は渋滞もしていました。

国道57号に戻り、国道265号に入り、阿蘇山の北側をくるっと回ってホテルに遠回りで向かっています。

到着は午後5時20分頃。本日は144キロの走行のみです。

ホテルよりスーパームーンを撮影。夜空がきれい山の中なので綺麗に映っています。

本日は「森のレンガ館」で宿泊。ペンション風で、貸し切り状態でした。

(16.11.16)●今日は、天気も良くなり鹿児島の指宿まで走ります。●万世、知覧の平和記念館に再び向かいます。ちょっと距離がありますので、長距離走行の予定。

部屋よりハコスカを撮影。夜露で車も濡れています。

オイル点検。不思議とHレベルジャストを指しています。昨日より増えているという現象。しかし、上体をかがんだ瞬間、デジカメを落とし、バッテリーのターミナルに直撃。液晶が割れてしまい使い物にならなくなるアクシデント。ちょっと悪い予感。

そして、エンジン始動と言うところですが、かかりません。何回となくセルを回しますが、プラグが2個くらいしか爆発していません。ともかくエンジンがかからないときは新品プラグと交換するのが基本。もちろん、予備はもっていますので作業開始。外したプラグは。やはり4本くらいは濡れています。しかし、濡れ具合はひどくないのです。そして、期待をもって、セル指導。しかし、症状が当初は変化がなく、ダメかなと思って、長くセルをまわしていると、徐々に点火が開始。3個、4個、5個とプラグから火が出て始動しました。こんなことは、始めての原因不明。とりあえず、始動したので走ることにします。

国道265号を南下。エンジンの調子は、昨日と変わらず絶好調です。

すぐに、道の駅でエンジン停止して、再始動することに。まったく、問題なくかかりました。本当に原因不明。

のんびりと国道265号を走行。遅いトラックもいましたので、本当に制限速度以下。

前の快走のトラックについて走ります。やはり、運送業のトラックはいいペースではしります。とくに制限速度を大きく超過しているわけではなく、うまい運転です。

国道218号に変わっていて、そろそろ、松橋ICに近づきます。

インターを通り過ぎガソリンを給油。

満タンより588キロ走行。

このガソリン量でしたら、リッター7.6キロ。燃費は大阪並みです。

かなり出発が遅れています。ここより九州道を飛ばします。

交通量も劇的に少ない2車線を、100キロの速度で走ります。決して、暴走はしません。

と言っても、80キロの制限速度ですので、快走でしょうか?しかし、もっと速い車が抜かしていきます。

「えびの」パーキングで休憩。本日も昼飯抜きです。

九州道から、西九州道に入り、伊集院ICで下ります。

そこからは県道37号を走行。前のトラックは荷物を紐でくくっていないので、カーブではとろろ走行。速度15キロくらいまで落とし、荷物が落ちないように走行。手を抜いての走行、大迷惑です。

国道270号に入り、看板に惑わされて、裏道をうろうろ走行してしまい、またまた予定が遅れました。

万世の特攻平和祈念館に到着しましたが、時間の関係で入館はしないで、撮影のみ。

滑走路跡の公園を散策。向こう側は海。戦闘機の音が聞こえます。

朝とは違い、エンジンはあれから一発始動できます。そして、調子も上向きに感じられます。

南さつま市を知覧方面に向かいます。どことなくエンジン音か、マフラー音が変わっているような?

知覧特攻平和会館に到着。たくさんの観光客とバスが停まっていました。学生の姿もいっぱいでした。

やはり時間の関係で入館出来ませんでした。本日は朝のエンジン不動のおかげか、入館が出来ません。これも、何かのメッセージかもしれません。

そこから、指宿方面へ走行。エンジン音が豪快に聞こえるのは、いつものこと。ゼロ戦のエンジンか?聞いたことがないのですが。

鹿児島湾沿いの国道226号を南下。すこしずつ夕闇が。

指宿に到着まじか。本日は、ほぼ走ったのみになりました。

走行は347キロですが、朝のごたごたと、やはり九州は北海道と違い、一般道はペースがあがりません。

ホテルの駐車場。明日はエンジンがかかるか心配ですが、とりあえず休みましょう。疲れました。

(16.11.17)●今日の夕方にフェリーで大阪に戻ります。わずか3日間、九州を縦断と言う形ですが、北海道と比べても九州は狭いです。●さて、本日はエンジンは始動するのか?

猫がずっと見学。目的は餌?

さて、エンジンは一発始動。今日は、昨日のことが何もなかったように。

本日の宿は、豪華な食事つきと、温泉付きで1泊¥11,000です。パソコンも三日間で、やっとつなぎやすい環境になりました。初日はLANケーブルが遠くて大変。二日目は部屋ではできなかったので、HPも、更新しづらかったのです。

本日も大隅半島に渡るためにフェリーふ頭を目指します。フェニックスの南国風景を楽しみます。

鹿児島湾を左に、埠頭は近くです。山川根占フェリーも近くに見えました。

しかし、到着したものの、車が多く並んでいます。係りの方が、乗れない可能性が大きいことを言われました。

しばし、近辺の方の品評会。

フェリーが到着して、順番に乗船。しかし、目の前の車までで、取り残されました。

次の便は2時間後なので、あきらめて鹿児島市内方面に走ります。

国道226号を走り、ロケットも左に見ます。

ぼちぼち、鹿児島市街です。桜島フェリーに乗って対岸に向かいます。

こちらのフェリーは15分毎に出ます。

観光船みたいですが、かなり大きなフェリーです。

桜島の埠頭が見えます。何隻もフェリーがいます。

到着の記念写真。出てから、料金所みたいなところで料金を支払います。

今日は桜島の北側を走ります。交通量もなく、のんびり海岸沿いを走行。

予定では大隅半島の突端に行く予定ですが、船に乗れなかったので、国道220号で鹿屋方面へ。

鹿屋航空資料館に到着。これで特攻基地3か所めぐりの最後です。

無料で入れますので、ゼロ戦を撮影。

あまり時間が無かったので、一瞬で出てきました。

肝付町方面に走行。

私の親がやっていた理容室で働いていた方と40年ぶりに再会です。お二人とも元気でした。

志布志のフェリーふ頭に向かいます。

午後5時ごろ埠頭に到着。1時間前でしたが、ほぼ最後の車です。

午後5時55分発の「さんふらわ」で大阪南港に向かいます。

本日は163キロのみの走行。それでも、そんなにのんびりしていたわけではありません。

船は、一段下がった3デッキ。部屋は7デッキです。中学生の団体がいたので、大騒ぎの船内でしたが、早めにおねんねです。

(16.11.18)●大阪に帰り、仕事の復帰です。●短い九州でしたが、無事に帰れそう。

紀伊水道を航行中のフェリー。和歌山の陸地よりの日の出を撮影。

午後7時40分到着予定が10分遅れ。また、トラックより下船で、結局8時20分に下りました。

さて、高速を乗らずに下の道で岸和田に帰ります。途中のファミレスで朝食を食べました。

岸和田に到着。全走行距離1047キロです。

最後の燃費はリッター7.9でした。今回も特攻隊の御霊が車にいたずら?したようでしたが、無事帰還。九州は事前にハコスカの方のお誘いが無かったので、ミーティングが無かったですが、次回はどうでしょうか?

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

携帯のメールアドレスはahakosuka.844@docomo.ne.jp(スパムメール防止策をしています。頭のaを消して送信してください)