ツーリング報告6
ホーム ツーリング報告1 ツーリング報告2 ツーリング報告3 ツーリング報告4 ツーリング報告5 ツーリング報告6

 

ツーリング報告  6

佐久、伊香保、栃木、仙台を走ったぞ! サファリ 4ドア(2016.7月)

(16.07.27)●さて、昨日に名古屋から帰ったのに、今日はハコスカで出発です。●午前1時30分に起床して、荷物を準備して出発します。●目的地は栃木!

出発前はメーター確認。今日は600キロ走る予定なので、早朝出発。

コンビニで、食料を買い出し。

そして、活力のリポビタン!表示裏向けやんけ!

とりあえず、岡谷までの距離。ちょっと手ごわい。ここまでではないので・・・ 先がある

えーいい、泉北道をなんと70キロで激走!!!(遅い)

そして、近畿道を90キロで激走!!!また遅い。 深夜は、スピードを控えめに!いや、スピード感が慣れていない・・・鳥目?

ここより第二京阪道路。夜は、何がうつっているかわからんなぁー(大阪弁?何かの影響?)

またまた、夜は何がうつっているかわからんなぁー・・・完全にボケている。

ここより刑事バイパスに突入。訂正、京滋バイパス。

何かの規制?ぼかしが入っている写真。これでも、カメラを一生懸命固定しているのですが。

この先より名神高速。しかし、クーラー付きなので快適と言いたいところですが、寒くて仕方がない。

この画面。皆さん、4ドアのレトロなところがしびれます。水温65度。サーモスタットあるのですが。

スピード感のある写真。右車線ですが、100キロです。 何回も言うようですが、夜は鳥目です。

そろそろ休憩もいるかもしれません。一応人間ですので、名目上、止まります。

薬はやっていませんが、ハコスカテンションがアゲアゲ。全く疲れ無し。

一気に170キロ走行。1時間47分ということは、平均90キロ強。どうです、この真面目な運転。

写真では薄明るくなっています。実際は、もっと暗い。実速105キロ。この真面目な運転。(なんかい言うんや・・・大阪弁、またまた、なんかの影響?) 。ビートルズのミスタームーンライトが浮かんでくる。

本当は画面上より、もっと暗いのですが、ここより中央道に突入です。まだ、クーラーにより室内は冷蔵庫。時々、窓を開けるか、スイッチを切ります。温度調整は一番緩いのですが・・・・寒い・・・歳か?いや本当に寒い。

中央道は200キロ走行に突入・・・そんなに出るわけがない・・・・・訂正、90キロ走行。(写真は早送り・・・てなわけない)

屏風山で休憩しています。ちょっとトイレかな・・・・。正直、何で止まったか記憶が飛んでしまった。これは、眠気より、意識が薄れた。

中央道も、気持ちよく走ると、あっという間。辰野パーキングで休憩していたような・・・気がします。明るいので、速度も徐々にアップ。

しかし、ここより一般道。岡谷インターより出たのですが、信号待ちなのでこんな画面。

国道142号を走ってます。そろそろ通勤時間帯なので車が増えてきました。 そして路面は濡れている。地元の車に一生懸命ついていくだけ。

またまた、新和田トンネルの有料料金620円がおしいため、旧道を走行。ひどい路面で、濡れていますが、ちんたら30キロ走行。 霧で見えん。通勤車は、お金稼ぎのため有料で走るようです。

国道に戻れば、元気いっぱい、制限速度走行が出来る。路面が乾いています。さすが、多くの車が通ると乾きが早い。

佐久市内に近づきます。車が多くなると、S20サウンドを皆さんに聞かせることができます。(誰も聞いていない?・・・)

道の駅「ほっとぱーく浅科」で休憩。早速トラックの方が、記念写真。なにやら、友達のGT−Rオーナーの電話指示でいろんなところを撮影しています。このような方は大歓迎。ハコスカに乗っている甲斐があるというものです。

ここのトイレには、多くの燕の巣があります。自然の生き物、大事にしよう!

松井さん所に立ち寄り。昔話からいろいろ2時間も話し込みました。40年近い知り合い。かれは20歳ちょっとだったのですが、おたがい老けました。 お互い、世間の悪口や愚痴を言い合うことと、健康面の話、老後の話。本当に、年を取るとこれが主流話。

そこから、佐久インターを目指しますが、これが失敗。佐久南の方に行ったらよかった。というのも、写真を見てください。信号は赤ですが、向こうの信号は青。出ました、地方の得意な、テレコ信号!!!! こんなところを見ると、警察権力の強い地域だと分かります。本当に大阪の警察はよく仕事をして、いい方ばかりです。

上信越道を松田妙義で降りて、国道18号を通り、いろいろ県道を通過、この間、かなり写真撮り忘れ。ちょっと疲れも多くなっているような。どこかのパーキングで休憩していたような・・・ だめだ、昼に近づき眠気が襲う。この狭い県道はどこだ!

伊香保おもちゃと人形自動車博物館に到着。 見よ、このハコスカの小ささ。ほとんど、横と比べるとおもちゃに見える・・・かな?。

月光仮面・・・。多くの写真を撮ったのですが、車以外はこれが一番。 月光仮面はテレビ版、大瀬康一でしょう。

はい、これより車の一部のみの写真。スポーツカー編だけです。

このフロアのお客さんが一番少ない。私は、このフロアしか用がない。

新車!!?

綺麗なエンジン。しかし、生活感が無い。当時の雰囲気がない。

おお、高そうな車。

斜めのS20エンジン。苦労して搭載したことが分かります。

この独特な車。夢がありました。昔は、これでもてっちんホイール。

ここに置いとくのがもったいない。走らせてみたい。 しかし、リヤーホイール、何かの異常か凹みすぎていた当時。

こんな車が今出たら、売れないだろうな・・・・。

ZGレースカー。奇跡のシルエット。

いいね?しかし、ひっつけすぎ。写しにくい。そして近づけない。

アクセルを踏むと、横を向くSR311.すごいパワー。

これですよ。これこれ。 こうして、一台が、世間より隔離されています。可哀そう。

室内も綺麗。しかし、コンソールの大穴、気に入らんなぁ。

ホイールも綺麗。 しかし、黒すぎ。もうちょっと艶消し風に。(ハコスカには文句ばっかり)

あれ、ホーンボタンが違う。しかし、もったいない。留置場に入ったハコスカ。自由に走らせたい。

240ZG。日本のスーパーカー。当時一番速かった車。

映画のシーンもあったよ!!

分けわからんのじゃ。説明入れてくれ。

さて、早めに栃木に向かいます。

道紹介は大幅カット。高速道路をひた走り。時速110キロ・・・おとなしい?。

博物館の檻に閉じ込めれていない、自由なハコスカ。イキイキしているサファリ4ドア君。本人もいろんなところに行けて楽しいと言っています。 当時は、車こそが思い出を作ってくれた、相棒だったのです。

と言いながら、高速道路を、時々早く走っています。クーラーは気持ちいい感じ。

あっという間に栃木市内。到着です。

おお!思わず持ち帰りたい。・・・食べきれん・・・

すごい、本日は620キロ走行。え?栃木って近いんだ・・・。

部屋を車の駐車場が見えるところに変更してもらいっています。本日は寝ずの番・・・。たぶん・・・寝てしまう。

部屋は・・・ハンドルも置いて、気持ちよく一人部屋。誰かがいれば、楽しいかもしれませんが。これが一人もんの欠陥。

ごめんなさい。渡辺さんとの写真、操作ミスで消えてしまった。・・・・

このあと、渡辺さんと二人でハコスカ談義で盛り上がり。お酒も多く、特に渡辺さんはビール六杯。強い!!!また、タクシーの運転手さんの同級生とも、ハコスカ見学会。あーーー写真が消えた…残念。渡辺さんごめんなさい。

(16.07.28)●昨日は、渡辺さんと一緒にビールを飲みすぎ。●パソコン操作で画像を消してしまう失敗をしました。●今日は、ちょっと無理を言って渡辺さん所で撮影の再挑戦です。●それから、近くのスーパーカー博物館にちょっと立ち寄り、日光の華厳の滝に行きます。●その後は仙台までの距離。わずか400キロくらいなので、朝はゆっくりしています。

夜中、何回となく車を見ていました。しかし、室内で光がゆらゆらしているような。挙句の果てには、車のところに行って、室内の確認まで。 光は、ホテルの電光掲示板の光の反射でした。これは、親の気持ちなのでしょうか。大事にしよう。

朝はオイル点検から。Hレベルあるので、今日は補充無し。

しびれる・・・・・。これが、頑張っているおかげで、どこにでも走っていける。47年前のエンジンだから、すごい。・・・・百年後も動いているはず。 私は動いていないはず。(あたりまえ)

空気圧をちょっと下げます。多めの2.2で、乗り心地、コーナリングがもうひとつ。2.0にしてみました。

ガソリンが、もうない感じ。入れなければ。

栃木市内です。あまり高いビルが無いので、町自体がちょっと古い感じです。

ガソリン補給。単車の若者から、頑張ってくださいと激励の言葉。これだけでも、一人旅は嬉しい、感激です。

これまでになく、多く入っています。

この距離から計算すると、リッター7.6です。明らかにクーラーは燃費ダウン。そして、北海道よりは伸びません。 だけど、燃費走行はしませんよ。

渡辺さん所に電話をいれ、家に向かっています。写真が消えたのも、正直、天が呼び寄せられたかも。

早速、撮影開始。渡辺さんが車を出していました。入庫は、私にお願いしますと、言うことです。もちろんですが、出すのがすごい。

日の光の下のエンジンルームは、綺麗に輝いています。ご自分で磨いています。すごい!!

室内も、撮影。エンジンをかけたのですが、調子よいのです。

車をバックに記念撮影。渡辺さん、後日送ります。

近くのスーパーカー博物館が10時からなので、向かいの少年野球場の駐車場で、撮影会。よく光っています。

公園の管理人の方が、話しかけてくれ、長くお話をしていました。いつも、このようなことが思い出の一つになるのです。

あれ、午前10時になっても開館しない。あっ!!!今日は木曜日。休みだった!!残念。金曜日だと勘違いしていました。

10時すぎに栃木より東北道に入ります。さて、ぶっ飛ばしましょうか?

おー!!GT−R君、きょうもご機嫌最高。調子いいじゃん!(なぜか横浜弁?)一気に300キロがでた!・・・・いや、その半分かも。

しかし、速度はおとなしく、右車線の商用車のライトバン等のサーキット走行の邪魔にならないよう走ります。

大谷パーキングエリアで最初の休憩。曇りのおかげか、クーラーは超気持ちがいい。GT−Rも時代が変わった。夏に気持ちよく走れる。

いったん宇都宮インターで降り、日光方面に向かいます。

日光宇都宮道路は、空いていて直線が多く、気持ちよく走れます。昔、この道あったかな?取り締まりを確認しながら、スピードは控えめ。

いろは坂を登って行くのですが、1000メートル以上の標高。明らかにエンジンがパワーダウン。ゆっくり走ろう・・・ 前の車に続いて、おとなしく。

と思ったら、後ろから速そうなバイクが、どんどん抜かしてくる。思わず、それについて激走。ちょっと路面がぬれていたので、ハコスカ君、余裕でついていけました。まだまだ、ハコスカ君のコーナリングは行けてる!!

華厳の滝。一応記念写真。白人の観光客が一杯です。 美しい、気持ちいい。来てよかった。

500円でエレベーターを使えば100メートル下がれるのですが、今日は時間の関係でスルー。一人で観光しても感動がないやんけ!!

気温もすがすがしい。そして、ハコスカ君のクーラーで、いつも快適。

今度はいろは坂下り。しかし、ノロノロの車が多く、時には止まるような低速度でした。 下りは二車線に仕切っていないので、追い越しできません。

再び、日光宇都宮道路。のんびり走っていたのですが、料金所で煽ってきた、前の黒のハイブリッドに追従。120キロくらいなので、ちょっと合間を開けて、一気に追いついたりして遊ばせてもらいました。まだまだ、気持ちは若い。

ここより、東北道に入り、仙台に向かいます。予定は、本日終了、ホテルに向かうだけ。

上河内サービスエリアで休憩。さすが夏休み、車が多いです。

だめだ、眠気が襲ってきて、運転が危ない。 北海道では見られない現象が出てくるのです。

黒磯パーキングで緊急ピットイン。そうだ、昼食を食べよう「うどん」だ!

なんと、エネルギー補給で、眠気が吹っ飛び、ハイスピード走行が持続できる。しかし、ハコスカ君は速くはないのですが、気持ちよい加速が快感です。絶対、 右で追い越していっているとき、横の車は感激しているはず・・・と勝手に思う。

仙台南部道路は70キロ制限ですが、50キロくらいになるときも。先頭はシルバーのセダン。眠たいやんけ!

仙台東部道路は制限速度は100キロ。アウディと100キロくらいで走っていると、ほかの車より、ぶっちぎりで速い。だいたい一般車は80キロで走っています。大阪だったら、110キロが普通 のスピードでに走るでしょう。

三陸道の春日パーキングで最後の休憩。

松島海岸インターで降ります。本日の激走も終わります。

松島海岸です。まだ観光客が多くいます。 おっ、左の子供が凝視! おじさん、かっこいいだろう!!自己満足の世界。

本日は399キロの走行。1キロ足らなかった。

本日は慣れたホテルなので、かなり防犯は安心です。 なんたって、トンネルでレッカーも入れない。

一般の駐車場でDR30を発見。かなりの雰囲気を出しています。今の車とは別格です。

部屋からハコスカが見えます。今日も、寝ずの番でしょうか。

部屋は余裕の大きさ、ゆっくりできます。ここは大浴場も抜群。お気に入りです。

このあと、六文銭に行くのですが、定休日。試しに電話してお土産だけを渡したのですが、女将さんがビールをごちそうしてくれました。ほかの客が来ないように真っ暗な店で約2時間、お話をして、これはこれ、かなり楽しかったです。 すっぴんの女将さんは、なかなか美人でした。また、2杯飲んだので、気持ちよく寝れます。なお、写真はNG

(16.07.29)●松島海岸の朝はのんびり。仙台港だけの道のりなので、のんびりです。●あとはフェリーに乗って、終日のんびりです。

三陸道をかっ飛ばし。100キロ制限もあるので、アクセル全開。ちょっと急いで港へ。

すぐに港に到着。はるか港外より「きそ」が見えました。

そうです、このような写真が撮りたかった。周りの釣りの方が、多く話しかけられたので、できる限り、車から離れて対処してました。

200メートル級のフェリー大きい、迫力です。

埠頭でチケットを買い、乗船待ち。今日は天気も良いので、暑いです。 乗船の車も大量です。

ちょっと周辺をうろうろ走行。34キロだけです。

今日は、船のほぼ真ん中に陣取り。

午後0時50分、仙台港より出発。

午後2時30分過ぎには名古屋から来た「いしかり」と洋上ですれちがい。今日は天気が良いので、綺麗に撮れています。

そのあと、ギター演奏会。多くの方が聴いていて盛況です。

横では可愛いゆかりんの絵本の読み聞かせ。子供も楽しんでしました。

そして午後8時より「ハイカラ楽団」川口ゆかりシューを鑑賞。

多くの観客が見られていました。夏は、やはりお客さんが多いです。そして、大いに受けています。

夏休みバージョンのシャボン玉の歌に、おじいさんおばあさんは喜んでいました。

牛丸さんとのトーク。

岡田さんとのトーク。本日も、なごませてもらい、旅の疲れも取れました。

(16.07.30)●船を降りて大阪に帰るだけ・・・・と思っていたのが、方針転換・・・・。詳しくは・・・本文より

前日に牛丸さんが名古屋で、本日ライブをやると聞いていたのです。内容は、ビートルズやジャズなんです。いい機会なので、行きたいのですが、仕事も気になるし、いったん大阪に帰ることに。

伊勢湾岸は順調に走行。しかし、電光掲示板に、四日市東より鈴鹿まで渋滞13キロ90分の表示。

渋滞は嫌なので下の道の23号に入りますが、全く動かず。完全にドツボです。よく、四日市の方は、幹線道路がこんな状態で文句を言わないのでしょうか。そして、行政は何をやっているのでしょうか?対策しろよ。超裏道を走って行きますが、大阪に帰るのを挫折。S20エンジンはクーラーをつけて超渋滞でも、水温80度、油温90度でした。ただ、ファンが無い分、クーラーの風がほんのり冷たいだけ。それでも、無しよりは遥かにいいのですが、やはり、つらい。

反対に名古屋に向かいホテルを取ることに決定。チェックインまでのんびり、大山田のパーキングでオイルを追加することに。

丁度、Hですが、缶に0.5リッターくらいあるので、全部入れました。

そして名古屋市内のホテルの駐車場入り口で、いきなり西さんと声かけ。毎日HPを見られているらしく、迷彩柄の服ですぐ分かったらしいです。正直、悪いことはできませんね。

四日市の井口さんで、マイカーの写真も見せてもらいました。昨日はホテルで家族サービスらしいです。いいおとうさんです。

可愛いお子さんにステッカープレゼント。喜んでもらえてよかったです。しかし、ほんとうに可愛い! このあとライブに行き、予定外の行動が、満載。えいーい、楽しかったぞ。