ツーリング報告3

上へ ツーリング報告1 ツーリング報告2 ツーリング報告3 ツーリング報告4 ツーリング報告5 ツーリング報告6

 

ツーリング日記 3

北海道大ツーリングにピンチヒッターサファリ4ドアで走る!(2023.6月) 後半

 

網走より、美幌峠、そして釧路湿原に行きます。

(23.06.22)●天気に恵まれるのが続行中の今回のツーリング。●今日の最初は美幌峠を目指して走ります。●そして、皆さんの評価の高いホテルを十分楽しんで、晴れやかに出発します。

天気がいいので、網走湖も部屋からくっきり見えます。

 

いつものように、朝早くから皆さんは車の点検と拭き拭きです。

 

秋山さんは前日からの続きでキャブレターのセッティング。

 

ほぼ全員が、車を清掃します。

リスも餌を食べに来ます。朝は必ず見ることがでます。

 

おいしい食事をいただきます。      そのあとは周辺を走る方もいます。

 

いつものようにじゃんけん大会。

 

誰が何番になるのか運次第です。何番目が一番良いのかは不明。

 

渡邉さんは、本日は満足の様子。

ホテル前で記念写真。撮影はホテルの方です。ありがとうございます。

 

ホテルを出発して、国道240号線から裏道に入ったのですが、ちょっと間違いました。

 

この辺はすべて裏道です。

 

裏道と言っても、道幅は広いです。

 

アップダウンで撮影ポイントもあります。

 

 

 

 

 

 

ここより国道243号に入り、あとはまっすぐ行きます。

白樺が両サイドにある、気分のいい道です。あとは取り締まりに注意です。

 

 

 

道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」に到着。

 

 

 

 

 

 

到着して、すぐに秋山さんのセッティング。

 

 

 

またジェットを変更ですね。

 

美幌峠の景色は最高。

 

 

皆さんにお別れをするので、木村さんは、先に出発します。

 

3日間一緒に泊まり、楽しかったです。

 

展望台の上は、ちょっとした運動ですね。

大人が手をつないでバンザイ。

 

 

美幌峠を出発して国道243号を下って行きます。

 

 

 

道道717号へ右折します。当初の予定とは道を間違ってました。

 

後方には硫黄山が見えています。

 

国道241号に入る交差点で木村さんがお送りのため到着。実は私が道を間違ったので、急いで来てくれました。

 

名残惜しいですね。楽しかった4日間ありがとうございました。

 

 

そこからは、道道53号線を南下します。

 

遅いトラックを集団で追い越しです。

 

 

無線で連絡を取り合って、対向車がいないことを連絡しています。

 

多分トラックはカーブでも追い越しをしているので、ひやひやしてくれていたでしょう。

 

 

途中で鹿もいましたが、撮影は写っていませんでした。

釧路市湿原展望台に到着です。

到着した10台です。

 

が、見覚えのある三重ナンバーのセブンがいました。

 

三重の堀さんです。この時期、北海道にツーリングに来ていて、待ってくれてました。

食堂に入ったのですが、30分以上待ったので湿原には入れませんでした。多分、一度に多く来たので対応にてんてこ舞いをしたようです。飯塚さんと野口さんは近所の蕎麦屋さんにいったようで、そちらの方が良かったかもしれません。また、鹿もいたり堀さんも撮影したのですが、不思議とすべて画像が無くなっていました。

 

1時間以上の休憩でしたが、湿原の散歩はできませんでした。

 

次の目的地は、今日はホテルです。出発します。

 

国道38号線を帯広方面に走ります。

 

道の駅「しらぬか恋問」を通過します。

 

 

 

日本海です。(間違い!)太平洋です。今回のツーリング、日本海は見れないコースでした。

 

栄養ドリンクで元気を回復。

 

 

 

ちょっと、眠たさと戦っています。

道の駅「うらほろ」に到着。少し休憩します。

 

 

ここでは、少し買い物をして、ソフトクリームとかを食べて眠気覚ましをしています。

 

引き続き国道38号を走行しています。

 

追い越し禁止をものともせず、なかなか強者のクラウンです。

 

前の車に引っ付いていますが、見た限り、その後は追い越しを控えていたようです。

 

ここよりは道道62号線に入り、裏道攻撃です。

 

ほぼ道道62号を進みます。途中で、覆面パトカーに捕まった車も見ましたが、私たちは何事もなく進みます。

 

 

裏道なので、全車10台は、揃って走行できます。

   

今日のホテルに近づきました。

 

今日は国民宿舎「新嵐山荘」というところ。広々した施設です。

 

渡邉さんはちょっとお疲れかな?

 

 

 

 

いつものように宴会。一部は夜遅くまで二次会もしていました。

 

北海道最終日。カントリーパパでひと時と、おいしいメロンをいただきます。

(23.06.23)●いつも思うのですが、北海道の5日間。あっという間に終わります。●これは、多分、浦島太郎の竜宮城の感じでしょうか?●今日は、夕方に絶対フェリーに乗船しなければいけない日です。●トラブル、故障が無いように祈り、最終日を楽しみます。

 

宿泊した「新嵐山荘」お世話になりました。スキーの季節の時は、忙しそうです。

   

今日も朝から車の拭き拭きをやっていました。

   

   

   

一番早かったのは、5時過ぎにはやっていたようです。最終日は渡邉さんが作ったTシャツで統一。

   

そうして、早朝より今村さんが駆けつけていました。今回は仕事の関係で、最終日だけ参加です。

   

芽室の街で、2組に分けてガソリンを入れることを説明していますが・・・・。

 

今日は、車の走る順番は紙の中に入れた数字のプラで決定します。

 

 

 

 

 

 

 

今日は少し遅い午前9時20分に宿を出発します。

 

天気は抜群。芽室市街に向かいます。当初の天気予報は曇りか雨でしたが、晴れるようです。

 

芽室の街の中で、後ろがはぐれて、少し待ちます。

 

半分の車のスタンドに到着しました。

 

 

 

 

 

前回の満タンから509キロ走行。燃費は8.92位でしょうか。

 

しかし、あとの半分はガソリンスタンドが分からず、右往左往している模様。

道の途中で、後方の車を待つことにしました。

 

はぐれた車が到着。無線機と携帯電話で合流しました。

 

 

 

910ブルもスクラップでしょうか?ありました。

 

鹿追の街で信号で途切れた後ろの車を待ちます。

カントリーパパに到着しました。

 

 

インカローズさんも撮影で来られていました。

 

交通整理の方もいたりして。

 

奥さんも撮影。

ご厚意で、芝生に整列しました。

レストランの方は今日は貸し切りの看板が出ていました。

 

そして、一台が道路に出て走行。

 

渡邉さんは自分の車の音を聞きたくて、走行してもらってます。

 

 

帰ってきました。ドライバーは飯塚さんのようです。

 

次は秋山さんの車のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山岸さんが飯塚さんの車をドライブ。

 

 

はるかちゃんはくつろいでいます。    渡邉さんが芝生の中をドライブ。

 

ローしか入らないと言って、残念がっていました。

 

ここは私設なので、道交法は適用されません。

 

そして、それぞれ思ったところで、個人撮影。

 

インカローズさんの紫のコペンです。

このあと、レストランで食事をして、皆さんくつろいでいました。

では全員で記念写真。欠けている方は、加工挿入しました。そして、岸さんは、ここで足の肉離れをしました。

 

太平洋フェリーのお客さんで、池田町の堤さんは、池田町の名産品のお土産を全員に持ってきてくれました。そしてワインも。

 

2時間の滞在もあっという間に終わり出発。山岸さんは、同行でツーリングです。

西本さんのハコスカ4ドアの横の姿。綺麗です。

 

堤さんもインターまでついてくるようです。

 

ありがとうございました。多分、今回で一番楽しかったです。

 

カントリーパパを離れ、苫小牧西港のフェリー埠頭に向かいますが、オプションとしていたところを寄ることにします。

 

 

山岸さんも一緒についてきています。

 

一番後ろに堤さんも見送りに同行です。

 

 

 

ちょっと珍しいGTOも発見。

 

十勝清水インターより高速道路に入ります。

 

 

 

 

トマムのホテルも見えます。

 

 

帰りの高速は、スピードアップです。

 

占冠で休憩して、山岸さんとはここでお別れです。本当にありがとうございます。

 

岸さんは足を痛めたので、臨時で奥さんが運転していました。しかし、ほとんど遅れることもなく走っていました。

 

 

夕張インターで降りて、メロンの販売店に向かいます。

 

夕張メロンのビニールハウスや、かごも見えます。

 

夕張はメロンだけが、最後の砦のように頑張っています。

 

そして目的に「ピープル」さんに到着。

停車のため、裏道をぐるっと一回り。

お店前に整列して駐車します。

11台いますので、駐車の列も長くなります。

 

 

お店のご厚意で、カットメロンをごちそうになりました。ありがとうございます。

 

 

メロンを直送したり、持って帰ったりと繁盛したかも?

 

お店の社長ご夫妻には、大変お世話になりました。

 

それでは、出発します。

 

ピープルさんには船の中で食べてくださいと言って、メロン4個ほどをいただきました。ありがとうございます。

 

ここより道道3号線、栗山方面に向かいます。

国道234号を走り、苫小牧方面へ。

 

道の駅「あびらD51ステーション」で休憩します。

 

 

ここからはバラバラで、買い物をしたりしてフェリー埠頭に向かいます。

 

そしてフェリー埠頭に到着です。

 

 

野口さんはコンビニで財布を無くしたと言ってましたが、カバンの中にあり、一安心です。

 

伊藤さんは、場所を間違って苫小牧東港まで行ったようですが、無事に到着しました。

 

名古屋方面と、仙台方面が分かれて場所が指定されますが、ちょっと変則的に止まりました。

 

もちろんですが、全車「低」の表示です。

 

本日は名古屋組は割と早く乗船。

 

 

関東組も、今日は早めでした。

 

トラックの置き場に止まることになりました。

 

本日は225キロの走行。北海道での走行は1373キロでした。   メロンは、この後皆さんで食べます。

 

北海道ツーリングも終わり、帰りの船はせつないです。

(23.06.24)●昨日の午後7時に出航したフェリーは午前10時に仙台港に寄港します。●ここで、関東組3台とお別れ。ひとまず、ツーリングがほぼ終わったという感じです。

仙台港に入って行きます。

 

部屋の備え付けのスリッパで下船しようとする?さん。     ここで降りる方と、一時下船と見送りの方々。

 

 

入道頭。           無事に靴も履き替え、準備オーケー。            

関東組の下船開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道ツーリングの最後になる全員揃っての記念写真。

 

 

 

旗を振っての、草竹さんお見送り。

 

暑いですが、皆さん無事に帰還してください。

 

 

 

仙台港より乗船するお客さんも多いようです。午後7時に出港します。

夜の反省会の人数も少なくなりました。

 

名古屋に到着。皆さんとお別れ。

(23.06.25)●今回ほど、最後の最後まで天気に恵まれそうなツーリンングは初めてです。●それでは、名古屋港に午前10時30分頃に到着。解散します。

 

 

 

 

名古屋港に到着、それぞれ下船です。

 

 

 

 

 

草竹さんが車の下から異音がすると、不安になってました。

 

伊藤さんが木が挟み込んで擦っていることを発見。北海道の木を、ここまで持ってきました。記念に持って帰るようです。

 

それぞれ別れの挨拶をかわし、解散です。

 

 

 

それぞれの方面に散らばりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪に帰還、ガソリンを満タンにしました。前回より441キロ走行。燃費は7.9でした。そして最終日229キロ走行。今回の全走行距離は1717キロです。先月よりは多いですが、近年では少なかったみたいです。

皆さんからいただいたお土産と、購入したお土産の一部です。途中で食べてしまったものもあるので、掲載のない分もあります。ありがとうございました。

北海道の終盤、タイヤの内側が危ない状態と分かっていました。帰ってみると、ワイヤーが見えていました。よく北海道でバーストしなかったことに安堵しています。1年も使っていなかったので、 減るのが早いのか、走りすぎなのかと考えました。今度は、アドバンでワンサイズ大きくしました。こちらの方が、ひょっとしたら持つかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

携帯のメールアドレスはahakosuka.844@docomo.ne.jp(スパムメール防止策をしています。頭のaを消して送信してください)